SSブログ
前の10件 | -

形を変え次の世代に。そのためには作家の力が必要 [文化遺産]

煎茶稽古には欠かせない教科書として掛軸がある。
掛軸には画や文字(賛)が描かれている。画なら水墨画、南画、日本画など、文字では毛筆字など。それらを包み衣装として形成され作品に仕立てるのが表装(表具・軸装)である。

軸装作家として活躍されている辻めぐみさんの作業場である神戸 KllTOに伺った。生徒さんの掛軸づくりを見せていただくためである。
生徒さんは、祖母が大切に保存されていた男物の紋付の背柄を利用し、掛軸として残したい、という思い一念で辻さんの工房に通い始めた。
初めての表装に四苦八苦されながらも中廻(ちゅうまわし)と柱が出来上がった。表装というのは、本紙(画・文字)が生かされてこその表装である。中廻(周り)の生地、色柄と本紙がいかに合うかが最大のポイント。熟達した能力が必要とされる。つまり、本紙の作品を理解し、それに対し、柱、中廻、一文字等(周り)の色柄を決められる技量が求められる。

軸装1.jpeg

軸装2.jpeg

大切にしたいモノが、世代を越えモノの形は変われど次の世代に伝わり残されていく。その方法として、「表装」の役割は大きいが、残念ながら職人が少なくなっているのは時代の流れ。そんな中で、辻さんのような、新しい時代の斬新なモノづくりをする作家の力が必要になっているのは間違いない。

軸装3.jpeg軸装4.jpeg

軸装5.jpeg
辻めぐみさんの作品

※2018年6月に「心と体のなごみブログ」に掲載された記事をリライトし転載

nice!(0)  コメント(0) 

隠逸詩人、林和靖と素心 【一茶庵稽古追想】 [文化想造塾<易社/煎茶>]

先日の煎茶稽古では、久しぶりに隠逸詩人 林和靖(りんなせい)こと「林逋(りんぽ)」が取り上げられた。北宋初期の代表的な詩人として、いまもその名声は伝え継がれている。若くして身寄りがなく貧しい生活をしながら詩を学び、杭州西湖のほとりの孤山に隠居。生涯独身を通し、梅と鶴を伴侶とした生活を送ったといわれる詩人である。

林和靖の詩の中でも、とくに梅花と西湖の美しさを詠った「山園小梅(さんえんしょうばい)」は最高傑作として、いまの時代にもよく登場する。
稽古で掲げられていた、このお軸がどのように「山園小梅」につながっていくのか、まったく見当がつかなかった。
見ての通り、お軸に描かれているのは、今年の干支「猪」のようである。その猪が何を見ているのか、ということになる。その横に描かれているのは、たぶん梅と思われる。
「その梅だけど、なにか変とは思いませんか」、という宗匠からの問いかけに答えは見つからなかった。宗匠曰く、梅は、枝が横に広がり、上に向く性質を持っているという。
ではなぜ、この画はあのように下向きに? と問われてみても・・・。

林和靖4.jpg

お茶は “素心”という淹れ方で煎茶をいただいた。急須に煎茶をたっぷり入れ、水柱にいれていたお湯(ぬるめ)をお猪口ほどの湯呑に半分程度の量を入れしばし待つ。そして煎茶が入っている急須にそそぐ。煎茶のまろやかさが存分に味わえる一煎目である。そして二煎目はさらにぬるくなったお湯を急須にいれ、しばらく待つ。二煎目は、予想通り渋味がたってくる。この渋味が “素心”のだいご味である。
三煎目はスペシャルが用意された。渋くなった茶葉にお酒をそそいだ。少し時間をおいて湯呑につぎ分け試飲。おいしいとは言えないが、年始めのお屠蘇がわりに、と。

お茶を楽しむ合間に、お軸の梅から林和靖の “梅” の世界へと誘われていく。
梅の枝ぶりが下向きに描かれている意図は、林和靖の「山園小梅」の詩を理解したうえで描いているからこのような梅の画になるのだろう。さらに、鶴の代わりに猪を描いているのが、またなんとも滑稽である。

林和靖1.jpg

山園小梅に「疎影横斜水清浅」という一節がある。 “咲き始めて花もまばらな枝の影を、清く浅い水の上に横に斜めに落とし” という意味になる。枝が垂れ下がり、まばらに咲く花の姿が水面に映し出されている。
そして続く「暗香浮動月黄昏」が対句になり、月もおぼろの黄昏どきに、梅の香りがどこからとなく香ってくる。姿は見えぬが梅の存在を感じさせる。
梅を愛する林和靖の、隠逸の悲哀を詠った詩の一節である。
素心で淹れた淹茶(えんちゃ)の渋味、苦味が、林和靖の隠逸の悲哀とかさなってくる。

林和靖2.jpg

山園小梅 林逋

衆芳揺落独嬋妍  
占尽風情向小園  
疎影横斜水清浅  
暗香浮動月黄昏  
霜禽欲下先偸眼  
粉蝶如知合断魂  
幸有微吟可相狎  
不須檀板共金樽 

現代訳にすると、

いろいろな花が散ってしまった後で、梅だけがあでやかに咲き誇り、
ささやかな庭の風情を独り占めしている。
咲き初めて葉もまばらな枝の影を、清く浅い水の上に横に斜めに落とし、
月もおぼろな黄昏時になると、香りがどことも知れず、ほのかにただよう。
霜夜の小鳥が降り立とうとして、まずそっと流し目を向ける。
白い蝶がもしこの花のことを知れば、きっと魂を奪われてうっとりするに違いない。
幸いに、私の小声の詩吟を梅はかねがね好いてくれているから、
いまさら歌舞音曲も宴会もいらない。

林和靖5.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

移りし季節の潮音庭を堪能 [雑感]

建仁寺を訪れた人のほとんどが中庭の枯山水の美しさに目を奪われる。
「潮音庭(ちょうおんてい)」という庭である。小書院と大書院、そして渡り廊下に囲まれた一角に、いまの季節では新緑が映え、秋になると紅に染まる。
そこにはモミジと石で小宇宙が創られている。モミジはもちろん生きている。石組みされている石も当然生きている、とこの潮音庭を作庭、監修した北山安夫氏の言葉を聞いたことがある。

潮音庭1.jpg

潮音庭5.jpg

「潮音庭」は4方向から観賞でき、三尊石の中央にある中尊石を中心として石が配置され、どの方向から眺めてもバランスがとれた絶妙なる美しさが保たれている。三尊石の東側には座禅石が据えられ、その周辺には小石を散らしてある。これも絶妙な美意識の表れなのだろう。
建仁寺を訪れるたびに、移りし季節の潮音庭を堪能させていただく。

潮音庭6.jpg

潮音庭7.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

牛と牧童ののどかな情景に杜牧の「清明」があう。【一茶庵稽古追想】 [文化想造塾<易社/煎茶>]

「春」を表わす季語は数えきれないほどある。花や動物など自然界のものも多い。
春といえば誰もが思うのが「桜」。桜によく似た「杏」も春の季語としてよく使われる。そして、春を象徴するもので珍しいものがいくつかある。代表例が「牛」、そして「ブランコ」もそう。
牛は、その昔、春の農耕に欠かせない家畜として季語にも使われる。牛と言えば、春。あまり馴染みがないかも知れない。ブランコは、もっとピンとこない。ブランコはもともと中国の異民族が好んだ遊びで、春の遊びの一つだったようである。だから、ブランコと言えば、春をイメージさせる季語になっている。

稽古では春の象徴を、掛け軸(写真)を通して教えていただいた。
この牛の絵を見て、季節は、時間は、情景は、なにをしているところ? という問いが宗匠から投げかけられた。茶席では牛のお軸が掛けてあるのをよく見かける。茶席で見れば、もしかして「十牛図」と思うかも知れない。
牧童が牛を探し捕らえるまでの過程を描く十牛図は、代表的な禅宗的画題のひとつ。牛は心理、本来の自己、仏教における悟りを象徴している。十牛図は、すなわち本来の自己を探し求める旅、悟りへの道程である。

牛3.jpg

宗匠はそんな堅い話ではなく、夕暮れ時に、牧童が牛に乗って家に帰るところですよ。
のどかな情景を想像するでしょ、と。
そう言われると確かに牛もひと仕事を終え、どことなく微笑んでいるように見える。
この絵は、"理想の世界"を描いている。儒教精神で言うならば、のんびりと豊かな社会を作ることにある。その象徴が、この絵で表現されている、ということのようだ。

画と一緒に、今宵の稽古の題材に上がったのが中国で有名な漢詩、杜牧の「清明」ある。

清明時節雨紛々  
路上行人欲断魂  
借問酒家何処有  
牧童遥指杏花村

清明は花の季節であるが、雨が多い。
その季節を詠った詩である。
現代訳すると

清明の時節にしきりに降る雨。
雨の降りしきる道を、ひとりの旅人がゆく。
旅ゆく人の胸は、かえってさみしさにしめつけられる。
せめてこのさみしさを酒にまぎらわそうと、ちょっとたずねてみる。
居酒屋はどのあたりにあるのかね。
牛の背にまたがった牧童は、黙ったままゆっくりと指さした。
それは杏の花咲くかなたの村だった。

牛5.jpg

このお軸の賛に書くなら「清明」だろう。これしかない。
お軸の画を見ながら清明を唱和した。
その後にいただく玉露の味は、また格別なものであった。

春季語1.jpg

記事は、2012年12月に心と体のなごみブログに投稿したものを修正し転載。

nice!(0)  コメント(0) 

建仁寺 法堂では時空を超えた体感が得られる [文化想造塾<社寺>]

緊急事態宣言が発令されるまえに京都を訪ねた。用事を済ませ建仁寺に立ち寄った。四条通から徒歩圏内なので訪ねた回数では最多である。行くたびに日常では味わえない発見や体験をさせていただく。
今回は、緊急事態宣言期間ではなかったもののやはり人出は少なかった。お陰で書院や方丈、粘華堂(法堂)などで仏像や庭園並びに画など時間をかけて楽しむことができた。

建仁寺3.jpg

建仁寺といえば、数々の見どころがある。その中でも法堂は未曽有の世界。その世界を心と体で感じることができる舞台だと思っている。ご存じ、天井一面の双龍図が本尊を護り、舞台監督として見つめ続けている。
その舞台中央に腰を据えておられるのが本尊「釈迦如来坐像」。本尊の両脇に脇侍として、お釈迦様の十大弟子の迦葉(かしょう)尊者と阿難尊者が祀られている。
迦葉尊者は、お釈迦様の後継とされ、お釈迦様の死後にお釈迦様が唱えた経典の編纂をしたといわれている。一方、阿難尊者はお釈迦様の侍者として、お釈迦様の教えを多く聞いていたことから多聞第一と称され、迦葉尊者とともにお釈迦様を支え続けた尊者である。

建仁寺2.jpg

建仁寺1.jpg

薄暗い法堂にひときわ神々しく輝いてみえる釈迦如来坐像と尊者像が双龍図に見守られながら鎮護されている。その空間には時空を超えた瞬間があるように思う。
訪れた日は、法堂に入った時はだれ一人もいなく、その瞬間を五感で味わうことができた。

建仁寺4.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

李白、杜甫、杜牧、そして芭蕉もお猿さんが大好き。 【一茶庵稽古追想】 [文化想造塾<易社/煎茶>]

今宵の煎茶の稽古の題材は「猿」だった。
猿は秋の季語ではないが、漢詩や俳句で晩秋を表現する動物としてよく登場する。
その昔、中国の有名な詩人の李白、杜甫、杜牧などの長江の三狭の下りで詠まれた詩の中に「猿」がよく登場する。そのほとんどは悲哀のストーリーに使われている。

猿2.jpg

芭蕉が詠んだ句にも「初しぐれ猿も小蓑をほしげ也」というのがある。芭蕉が46歳のときに、奥の細道の旅を終えて帰郷の折、伊賀越えの山中で初時雨にあって詠まれたものとされている。芭蕉最高傑作の一つとして有名である。
この句にも「猿」が登場している。ただの風景描写ではない。芭蕉も、そのときの情感を「猿」に例えたのだろう、と想像を巡らしてみた。

猿1.jpg

では、なぜ? 猿が悲哀のストーリーによく登場するのか、というと。
それは、猿の「鳴き声」にあるようだ。鳴き声が、中国の詩人たちの悲哀の感情をさそい、聴覚的な特色つまり「かん高く鋭い声」がそれに結びついた、といわれている。

そんなことを思いながら飲む玉露の味と、お茶の花と実の香りがなんともいえない秋の深さを感じさせてくれた。

猿3.jpg

猿4.jpg

記事は、2013年11月にブログに掲載されたねものをリメイクし転載

nice!(0)  コメント(0) 

お茶を訪ね宇治・萬福寺へ。「全国煎茶道大会"月見の煎茶会<追想Ⅰ>」 [文化想造塾<易社/煎茶>]

初めての宇治・萬福寺。大阪から京阪電車を乗り継いで行ってきた。
ブログで書き綴っている「煎茶入門」。大阪の煎茶の宗家「文人会一茶庵」に7月から通い始めている。その一茶庵の佃一輝宗匠から月見の煎茶会のご案内をいただき、昨日その会場である宇治の黄檗山萬福寺を訪ねた。
茶会は午後2時からということで、せっかく宇治を訪ねるのだから世界遺産に登録されている平等院へ、と朝から出掛けた。平等院の話は次回にまわし、ここでは “四方山茶話” を綴ってみたい。

煎茶道大会1.jpg

10月3日、十五夜。この日にあわせ月見の煎茶会なる「第54回全国煎茶道大会」が京都宇治・黄檗山萬福寺で行われた。入門講座仲間と待ち合わせ萬福寺へ。着物姿の女性たちがぞろぞろと三門をくぐっていた。
私にとっては場違いの雰囲気を感じたが、永年図々しく生きている筆者には興味津々に思える光景だった。どんなことが始まるのだろう。
今回は10の煎茶道流派が参加している。この黄檗山萬福寺には全国煎茶道協会の事務局本部があり、近畿地区や全国の流派が集まり、年に数回煎茶道の大会が催されている。持ち合わせているチケットで3つの流派のブースに入席でき、お手前を観てお茶をいただける。

煎茶道大会3.jpg

最初に入席したのが黄檗売茶流という席。煎茶道会館の一角にある有声軒という部屋と庭を使って披ろうされていた。お庭に椅子が約20席余り、お手前が一番よく観える処へと思い座った席が正客席。何にも知らないものの強さ、って言うのはこのことか、と。
それを知ったのは、解説される方が常に私に向かって声を掛けられる。男が少ないせいなのか、ええ歳したおっさんだからなのか、と思いきや一緒きていた方から渡邉さんの席もしかして"正客の席???"
いまさら言われても。まぁ、とっさの開き直りは慣れたもの。いかにも煎茶を知り尽くしている顔をしながら解説の方へ笑顔を返していた。目の前でお点前されたお茶がまず私のところへ。

特に茶の湯のような作法は求められないので助かった。ただただ飲み干した。飲んだ湯呑は煎茶にしてはいささか大きい。流派が違えば作法も道具も違う。眺めていると湯呑の裏に金粉の塗られた菊の御紋が入っていた。
眺めていると、解説されていた方が私のところへこられて説明をされた。
後に、その時のことを思い出せない、頭が真っ白になり覚えてないのである。菊の御紋ということだけは耳に残った。由緒のある道具というのだけは、なんとなく私にもわかった。

煎茶道大会4.jpg煎茶道大会5.jpg

煎茶道大会6.jpg

※この記事は2008年10月のブログに書いたもの。少し手を加え転載。


nice!(0)  コメント(0) 

建仁寺 法堂の周りを百花の王が見守る [雑感]

「ボタン(牡丹)」という和名は、中国の花名「牡丹(ボウタン)」をそのまま使い、中国語読みの「牡(ボウ)」を日本語読みにしたものである。
牡丹は、絹のような花びらが幾重にも重なる優雅でふくよかな花姿が特徴で、中国では「花王」「花神」「富貴花」とも称されている。日本でも「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」などと呼ばれ、花の中でもこれほど多くの別称をもつ花も珍しい。

牡丹3.jpg

桜が終わるころに色とりどりの大輪の花が咲き始める。牡丹と言えば美人の比喩に使われるほど色彩豊かで、花王の風格を感じさせる花。その牡丹がモノトーンのイメージをもつ禅寺などでよく見かけ、その取り合わせが絶妙である。

先日訪れた建仁寺の法堂の周りには多種多様の牡丹が植えられている。法堂の窓や白壁を背景にした大輪が見事に映える。本尊である釈迦如来立像や天井画の双龍図がある法堂を百花の王が見守っているかのようだ。

牡丹6.jpg

牡丹1.jpg

牡丹2.jpg

牡丹5.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

建仁寺に存在する、生きた文化財「茶畑」 [雑感]

今日は5月1日。八十八夜である。立春から起算し88日目をさす。
煎茶を楽しんだ者には、夏を目の前に茶摘みが始まり新茶を楽しめる季節として馴染んでいる。
茶の生産地の有名どころである鹿児島、静岡、京都などでは一斉に茶摘みがはじまる。随時刈り取られ、その地の銘柄として全国に出荷されていく。

お茶の産地ではないが、こんなところにも茶畑がある。ご存じの方も多いかもしれないが、京都・建仁寺の境内に本格的な茶畑が存在する。そこには「榮西襌師茶徳顕彰碑銘」の石碑があり、その冒頭に “茶は養生の仙薬、延齢の妙薬なり” という、建仁寺開祖の栄西禅師の言葉が彫られている。
この時期に参拝すると必ず茶畑をのぞく。4月中旬に差し掛かった頃だったので、陽射しを避けるためまだ筵が被さっていた。時期がくれば僧侶によって随時茶摘みが行われ、外部には出ないものの京都市下京区産の「建仁寺茶」として飲まれているようだ。

建仁寺茶1.jpg

茶の始まりは、栄西禅師が中国から茶の種を持ち帰り栽培をはじめ、それを日本全国に奨励したことから普及したといわれている。そして禅寺には喫茶の法として広がったようだ。禅語として「喫茶去(きっさこ)」が生まれ、意味は、”お茶でも飲んで、去れ” ということになる。厳しい言葉であったようだが、いまでは「どうぞお茶でも飲んで行ってください」という優しい言葉に、解釈されるようになった。

茶畑は見ての通り(写真)、陽を浴び成長した茶木に葉をつけ青々と繁っていた。
栄西禅師の禅精神がこういう形で受け継がれ、価値ある生きた文化財として今に伝承されている。

建仁寺茶5.jpg

建仁寺茶6.jpg

建仁寺茶2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

9年前の痛ましい事故による犠牲者を供養 [雑感]

緊急時代宣言前の4月13日、用事があり京都を訪ね、四条通を東山に向かい歩いていた。
ちょうど大和大路通四条交差点の角に差し掛かった時に、掲示用鉄柱に花が飾られ、それに水を注ぐ男性がいた。

京の出来事2.jpg

一瞬、なんで? ここに花が、と思った。
もしかすると9年前に起きた悲惨な交通事故の犠牲者に手向ける花なのか、と。
咄嗟に水を注いでいた方に尋ねた。
「9年前の昨日に起こった事故で亡くなった方々への供養と思い」と仰っていた。
毎年、4月12日に花を手向け手を合わせているという。

全国各地で交通事故は頻繁に起こっている。とくに暴走で多くの犠牲者をだす事故も多発。京都のこの事故も信号無視の軽乗用車が横断歩道を渡っていた歩行者を次々とはねた。車は衝突を繰り返しながら、北約200メートル先の電柱に衝突して停止。歩行者の男性2人、女性5人の計7人が死亡する痛ましい悲惨な事故だった。

京の出来事1.jpg

忘れたい事故ではあるが、忘れてはいけない出来事である。それぞれが記憶のどこかに留め自制行動しなければ、と改めて思う。

京の出来事4.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -